なんてことはない日記的ナナニカダ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
裁判行ってきたずえぇぇC= C= C=(⊃´∀`)⊃
なんか、緊張と緊張と緊張で
検察官や裁判官の言っていることが耳に入りませんでした

なので記憶もとびとび(´・ω・`)


まぁ、こんな感じでしたよっと↓↓
長いですぜ(´Д`;)



行って来たのは地方裁判所


・・・の前に弁護士のいる事務所へ打ち合せしに行きますた
なんていうか・・・

え?ここが弁護士事務所?というような感じでした
でもビルの6F部分全部が事務所なので大きいのかな

3時に約束だったので、10分前位に到着
しかし、受付で弁護士の名前が思い出せず
『誰だか名前は忘れたが、裁判のことで弁護士と打ち合わせがある』
とだけ伝え(今思えばひどいなコレwwww
別室で待つこと20分(忙しかったようで遅くなってた

今回の件についていくつか弁護士から質問を受けました
・事件を聞いてどう思ったか
・薬物依存症というのを知っているか
・今後彼を支えていくことが出来るか
・最後に本人への一言

泣かない!と決めていたのに、弁護士から彼の経歴を聞きながら泣き
彼がうちに対してどう思っているのかも聞き
弁護士の前でぼろぼろ泣いてしまいました

で、弁護士と話していたら、彼のお兄さん登場
うちはこの時初めてお兄さんを見た
・・・声しか似ていないなぁというのが第一印象
そして大人なダンディズムを漂わせておりました
それからはお兄さんと弁護士さんとで打ち合せあるから、うちは退室

4時ちょっと前に事務所を出て裁判所へ
・・・って隣じゃねぇか(´Д`;)
法廷に入ると、もう彼は手錠をかけられ、ロープで繋がれ
警官2人の間に座っていました
・・・手錠って黒いんだ・・・とか何気にみてしまったうち(´・ω・`)
目が合い、うちは小さく手を振ってみた(小学生かょ
んで、宣誓文と、証人のなんとかっていう書類に名前や住所等を書いた

裁判が始まるとまず彼が証言台に立ち、裁判官に名前や年齢、本籍などを言う
その後に、うちとお兄さんが証言台に立ち、嘘は言いませんよ~という宣誓と、名前や年齢、職業の確認をする

で、検察官がかなりの早口で起訴状を言う
聞き取るのに苦労したが、まぁ薬物取締法違反ですな

んで、彼が証言台に立ち、起訴状に間違いがないということを確認

その後に証人のうちとお兄さんが出てくる
始めは2人で一緒に立ったが、うちは傍聴席に戻ると
お兄さんは証言台のイスに座る
その後は弁護士からの質問に答えていく形式
ここは打ち合せ通りにやるようですな
その後に検察官からいくつか質問を受ける

この間、うちは謎の腹の音に悩まされていた('A`)
別にお腹空いてた訳じゃないんだけど・・・

お兄さんが10分くらいかな
その後にうち

前に出て、証言台のイスに座る
打ち合せ通りの質問をかけられるので、予定通りの答えを出す
予定通りと言っても、それは本心であることは間違いないので
彼の前にいながらにしてキツいことは言っていたと思う
うちは前を見ていたけれど(というかマイクを見ていた)
隣で彼の涙と鼻水をすする音が聞こえていた
最後に彼への一言で、うちは彼を初めて見て
泣きそうな声で(っつか泣いてたけどな
こんな思いはもう嫌だから、何があっても支えるし、今は信じて待っています・・・だったかな?
いっぱいいっぱいだったからあんまり覚えていない( ´_ゝ`;)

その後検察官に2つ質問された
・交際暦
・今回の件について両親は知っているのか

証人の発言が終わったら今度は被告人の番なんですね
なんで使用したのか
なんでやめられなかったのか
入手経緯等など

弁護士とのやりとりが終えると、今度は検察官の番
内容についてはもう覚えていないが、鬼のようだったとは記憶している

で、最後に彼が裁判官へ一言
すっぱり薬は止める、と

その後に裁判官が今回の件で何かを言っていたらしいが
うちは全く耳に入っていない(ぇー
左耳から入っても右耳でぬけるとはこのことか!!と言う位
気づけば判決の日にちを決めているではないか
ちょうど6日後ですって
裁判官の取り計らいで早くしてくれたみたいです(後で知ったが

裁判が終わると
弁護士からうちとお兄さんへ
最後の裁判官の言い方からして、恐らく出られますが、これはゴールではなくスタートです
周りの支えは必要ですよ、とかなんとかかんとか
出られる、ということしか耳にはいっていないうち(ヒドイ
来週の月曜は丁度有給をもらって休みなので判決も聞きにいけます!

で、うちらは帰宅する訳ですが・・・
駅までお兄さんの運転で(これ彼の車だけどな!!w
送ってもらいました
すんげぇ気まずかったのは言うまでもないwwwww


帰宅して早々、おかんからの質問攻め
彼の話をすればするほど、おかんはぼろぼろ泣き
うちが不幸だ、とか辛そうだ、とか
まぁ一般人であれば一生のうちに無いような体験だったからねぃ;
外に出られても暫く彼は家に来させないでくれ、と
見たくないんだそうだ
親なら当然な考えでしょうなぁ。。。

でも不幸かどうかなんておかんが決めることじゃなくて
うちが決める事なんだよって言っておいた
おかんから見て不幸そうでも、うちにとっては幸せかもしれないから

明日が判決日だったらいいのになぁ。。。

あ、服装は裁判に行く格好でない服装で行きましたwww
ただ靴の音が鳴らないよう、ヒールある靴は止めましたが・・・
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<たらいも~ | my name is... | 行ってきます!>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| my name is... |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。